Concept 街づくり

御代志駅は降りてみたいエリアに変わります。

御代志地区では、都市機能拠点としての拠点性を高める都市機能(教育・文化・医療機能など)の集積・誘導を進めるととともに、魅力ある商業空間を形成することで、地域の方々や医療施設等の利用者にとっても、魅力的で利便性の高い地区の形成を目指していきます。 このまちづくりは、都市計画事業の推進役の合志市と、民間活力を最大限に生かす事業者様との協働によって進めてまいります。

合志市御代志地区は、
緑に包まれた心地よい賑わい空間を目指します。

合志市のほぼ中央に位置する御代志地区では、熊本電鉄御代志駅の軌道移設や駅前広場整備及び国道の交差点改良を一体的に行う土地区画整理事業を実施中です。

御代志地区現況

現在の御代志地区は、市の中心に位置しており、公共交通の拠点となる御代志駅の他、主要道路である国道387号が南北に縦断しているという良好な立地条件にあります。しかしながら、国道沿い東側に道路と鉄道が並行して走っているため、立地条件に比して、国道東側の土地利用は生かされていないという課題があります。

▶︎

新しい御代志が誕生します

土地区画整理事業により、国道沿いにある鉄道を国道から離れた位置に移設することで沿線土地利用が可能な大街区を創出し、あわせて御代志駅前広場を整備します。
駅前広場に近接するこの大街区へ商業施設を立地誘導することで、賑わいを創出する“新しい御代志”を目指します。

Home
アクセス
お問い合わせ
TEL
Scroll to Top
MENU